MENU

インゴットの意味!?種類?大きさは!?

インゴッド

インゴットという言葉をお聞きになったことはありますでしょうか?これからインゴットには意味や、種類、大きさなどがあります。

目次

インゴットの意味

インゴットの意味とは、精錬された金属に圧延などの加工を施し、再溶解に適した形状と大きさにした鋳塊のことを指しています。

要は、溶かした金属、または合金を鋳型に流し込み、冷却し、固めた塊のことです!

また、近年では安定した資産として注目を集めています!!

インゴットの種類

インゴットの種類は一般的に全部で4種類あります。それぞれの特徴などについて、順を追って詳しく説明していきますので理解を深めていきましょう!

金のインゴット

金インゴッド

インゴットの代表格といえば金!

金のインゴットは昔から外的要因を受けない安定した資産として、世界で共通の価値を持つため、金投資を行う資産家達の間で取引がされています。そのため、日々世界中で金のインゴットの取引が活発に行われてるようです。

また、金は性質上、とても柔らかく形崩れしやすいため、保管には注意が必要となっています。

プラチナのインゴット

プラチナ

希少性が高くジュエリーとしても大人気のプラチナ。宝石業界の需要はもちろんのこと、最近では投資の対象としても人気を集めています!

最近ではその資産価値の高さから、宝飾業界だけでなく投資の分野でも頻繁に取引が行われるようになってきました。

プラチナインゴットは、LPPM(ロンドン白金&パラジウム市場)公認のブランドマークが刻印されているものが正規品となっておいます。このマークの有無によって、プラチナインゴットの市場での価値は大きく左右されます!

シルバーのインゴット

シルバーインゴッド

金、プラチナ、シルバー、3種のインゴットは、投資対象として扱われることが多い貴金属です。

シルバーは他の貴金属と比べて単価が安いため、初めて投資を行う人でも比較的手が出しやすいです!ただ、数年シルバーの価格が高騰しており、今後は人気が高まることが予想されます!

金やプラチナと比較すると少しマイナーな存在ですが、購入する人の割合も増えてきていますので、購入しておくのもいいかもしれませんね!

パラジウムのインゴット

パラジウム

パラジウムは、水素を取り込む水素吸蔵性や比較的低い融点を持つ貴金属の一つです。
パラジウムの大きな性質として、自身の体積の935倍の水素を内部に吸着させることが挙げられます。

パラジウムは、アクセサリーや歯科治療、工業部品など幅広い分野で使用されている貴金属です!プラチナやニッケルの副産物で、2010年代にプラチナ鉱山が続けて閉山されたことにより、価格が高騰しています。

インゴットの大きさの種類

インゴットの大きさには、いくつかの種類があります。

  • 5g
  • 10g
  • 20g
  • 50g
  • 100g
  • 200g
  • 300g
  • 500g
  • 1kg

一般的に上記の9種類の大きさに分類されています。

中には「トロイオンス」という単位が使われることがあります。

トロイオンスは一般的に略されて「オンス」と呼ばれることもあり、表記は「oz tr、oz t」または「ozt、oz」などがあります。

まとめ

インゴットの意味、種類、大きさの理解は深まったでしょうか?インゴットは投資目的で購入する人も多く、価格も安定していることから資産としての地位を確立してきた金ですが、出回っている金の中には偽物も少なくありません。
しっかりとインゴットを理解した上で投資に興味が出た方もいるかと思います!

以上インゴットの意味、種類、大きさのご紹介でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次